ライフハック・仕事効率化

運動嫌いが7分HIITを習慣化して変わったことと習慣化するコツ

数分でも十分効果があると言われているHIITをやるようになり、数ヶ月。

本当は1秒も運動したくないくらい運動嫌いだった私ですが、やらないよりはマシかなと思い、7分のワークアウトを週に5回を目安にやるようになると、意外な変化が見えてきました。

[box05 title="HIITって何?"]

HIITとは高強度インターバルトレーニングのことで、短い運動と休憩を繰り返すメゾットのことです。短い時間で、効率良く運動することができます。

例:運動30秒⇨休憩10秒を7分間繰り返すなど

[/box05]

           

毎日短い運動をする習慣を付けて変わったこと

運動を毎日習慣化して変わったことは、ざっくり書くとこんな感じです。

  • 運動が少しだけ好きになった
  • 行動を習慣化することへの自信がつく
  • 体力に自信がつく
  • 健康に気を遣うようになった
  • 生活の質が上がった

あれだけ嫌だと思っていたことが、一度習慣化されると、逆にやらないと気が済まないようになりました。最初は7分でも面倒だったのに、これに加えて20分のヨガまでやるようになりました。

また、体力面だけでなく、他の面でも自信がついてきます。そのおかげか運動以外にも苦手&面倒な物事に取り組みやすくなったように感じます。

 

逆にそこまで変わらなかったことは、体型です。

私の場合は痩せる目的ではなく、健康維持が目的だったので、特にカロリー制限などはしていません。なので、結果的に、体型も体重もほぼ変わっていません。

オススメHIITアプリ

普段利用しているHIITアプリは以下二つです。

Seven

ほとんどがロックされていて、有料なのですが、FullBodyWorkoutは、無料で使うことができます。デザインも見やすく、広告も控えめなので、使いやすいです。基本であるFullBody Workoutがあれば十分なので、こちらを利用しています。

AppStoreでダウンロード

タバタ

4分間で完了するタバタ式のアプリです。こちらも広告はありで無料で利用することができます。

AppStoreでダウンロード

運動を習慣化するコツ

記録をする

特定の行動を習慣化したい場合は、必ず記録をするようにして、どれだけ行ったかを頻繁に見返すようにします。

アプリとAppleHealthを連携すれば、データもグラフ化してくれるので、モチベーションになります。

運動しやすい環境に整える

行動に移しやすい環境にすると、習慣を維持しやすくなります。

例えば、私の場合、ヨガマットを用意して、Siriショートカット*を使い、ワークアウト開始⇨ワークアウト用プレイリストから音楽を流すというワークフローを作り、すぐに運動できるようにしています。

ヨガマットは、ヨガだけでなく、快適に筋トレをすることができます。そこまで高いものではないので、1枚持っておくと便利です。

さらに、ヨガマットを部屋に敷いたままにしておくと、すぐに運動しやすいので、オススメです。

*Siriショートカットについてはこちらの記事をタップ

iOS Siriショートカットアプリ使い方とよく使うショートカットレシピ

やる気が出ない日のメニューも用意する

毎日同じ気持ちで行動できる訳ではないので、どうしてもやる気がない日には、超最短&簡単にできる運動をとりあえずやればいいと決めておきます。特に初めのころは、運動そのものよりも、習慣化することを目的にした方が良いためです。

やる気がない⇨やらないではなく、やる気がない⇨やる気がない時用のメニューをするという思考に変わります。

1分腕立て伏せでもいいので、だるい日には何をするかを予め決めておくと便利です。

運動をすることによるメリットを知る

運動は、健康面だけでなく、集中力や記憶力が上がる効果もあるといわれているので、勉強や仕事にも繋がります。運動をするメリットを知れば知るほど、やらなきゃ人生損という気持ちにさせてくれます。HIITに関する論文もたくさん出ているので、ぜひ調べてみてください。

まとめ

たった7分なので、そこまで効果はないだろうと思っていたのですが、結果的にはやってみて本当に良かったと思います。

短時間でできるので、運動嫌いの初心者でも習慣化しやすく、メリットも大きいので、試してみる価値は大いにあるかと思います。

たくさんの習慣化アプリを試して特に良かったと思うアプリ4選

-ライフハック・仕事効率化

© 2020 Pixel Cafe Powered by AFFINGER5