【WordPress】少しの工夫で初心者でもプロのようにブログ記事を書くコツ

ブログ

「ブログを始めたけど、上手く書けない。」

「そもそも文章書くのが苦手。」

私もブログには大分慣れたつもりではいますが、今でも文章を書くのは苦手です。しかし、工夫次第で、文章を上手く見せることはできます。

初心者ブログによくありがちな共通点として、「読みにくい」ことが挙げられます。そんな初心者ブログを卒業するポイントは一つです。

それは、とにかく読み手に分かりやすいように書くことです。

最も参考になり練習にも役立つのは、すでに成功しているブログの書き方を真似することです。もちろん、文章をパクるということではなく、記事がどのようにして成り立っているかを研究して、その人のスタイルを自分なりに取り込んで書くということです。

今回は、文章が超苦手な私が、実際にブログを書くときに気をつけているポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

記事を書くまえの準備

記事を書くまえに、下書きを作成することをオススメします。

下書きといっても、下の例のように大まかな見出しを先に作るという感じです。

テーマ:初心者でもプロのように書くコツ
-記事を書くまえの準備
 大まかな下書きを書く
-実際にブログを書く
・見出しを作る(トピックごとに分ける)
・改行をする(スペースを空けることによって読みやすく)
・例を出す(読み手がすでに持っている知識に関連付けて例を出す)
・強調を使う(マーカーや太字を使う)
・箇条書きとボックスを使う(ポイントをまとめるとき)
・ビジュアルを付ける(読み手を飽きさせない、理解度を深める)

下書きは短い記事ではそこまで必要ないかもしれません。

しかし、文字数が多くなる記事ほど、下書きなしで書いていると、「結局この記事では何をどう伝えたかったんだっけ」と頭が混乱していきます。笑

頭の整理をするという意味でも、下書きはオススメです。先に見出しを大まかに作っておくと、後はそれに沿って書くだけなので、迷わずに効率よく書くことができます。

スポンサーリンク

実際にブログ記事を書いてみる時のコツ

見出しを作り、小さなトピックに分ける

初心者ブログにありがちな失敗は、見出しを使わずにダラダラと書き続けることです。記事内に見出しがあると、読み手側も情報を受け取りやすく、離脱率が下がります。

見出しを付けるには、このように記事内で見出しを使いたい場合は、見出し1ではなく、見出し2から使用してください。

読みやすいように改行する

改行をしてスペースを空けると、記事がぐんっと読みやすくなります。

例として、以下の二つの文章を比較してみます。

例1

ワードプレスで記事を書く時のポイントを紹介します。記事を書くためには3つのポイントがあります。一つは、見出しを付けることです。見出しを付けると、記事が見やすくなります。二つ目は、画像を挿入することです。画像によって、読み手がイメージしやすくなります。三つ目は、重要なポイントをまとめるときは、箇条書きを使うことです。

例2
ワードプレスで記事を書く時のポイントを紹介します。
記事を書くためには3つのポイントがあります。
一つは、見出しを付けることです。見出しを付けると、記事が見やすくなります。
二つ目は、画像を挿入することです。画像によって、読み手がイメージしやすくなります。
三つ目は、重要なポイントをまとめるときは、箇条書きを使うことです。

このように、同じ文章でも、後者の方が圧倒的に読みやすいです。

例1のようにずらずらと文字が書かれていると、読みづらいですよね。目安としては、一段落につき、多くても2〜3行までにすると読みやすいです。

一見分かりにくい説明には、例えを使う

分かりにくい概念や物事の説明は、例を使うことによって、読み手に分かりやすく伝えることができます。

ジャンルに関わらず、知識がまだ浅い初心者を対象とする記事では、例をあげることが重要となってきます。例をあげる際のコツは、以下のポイントが重要です。

 

読み手がすでに持っていると思われる知識に関連付けて、具体的な例を出す。

例えば、ブログを始めたいけどその知識がない人を対象とする記事を書くとします。

知識ゼロの初心者に、「サーバーはサービスを提供するコンピュータ」という定義をそのまま出しても、おそらくほとんどの人は意味が分からないと思います。

そうではなく、「ウェブサイトが家だとすると、サーバーは土地のようなもの」と例えを付け加えると、初めて読む人でもイメージしやすいので、理解がしやすくなります。

土地と家という概念は、一般的にほとんどの人が持っているものであると思うので、分かりやすい例えだと思います。

 

このように一般的に小学生でも知っているような知識に関連付けて例えを作ると、読みやすさが増します。

スタイル:マーカーや太字

文章や単語を強調したいときは、「スタイル」から下のようにマーカーや太字を使用することができます。

サンプル太字

サンプルマーカー

重要なポイントや注目して欲しい文章に使うと効果的です。

これらの機能は便利ですが、強調を使いすぎると、一体なにが重要なのか分からなくなってしまいます。本当に大切なところだけにマーカーや太字を使うようにしましょう。

箇条書きやボックスを使って読み手に分かりやすくする

だらだら文章を書くより、ところどころ箇条書きやボックスでポイントをまとめると、読み手にも伝わりやすいです。例として、下の二つを比較してみましょう。

文章だけを使った例

ConoHaWINGサーバーは、初期費用なしで利用することができる、国内ー処理速度が早いサーバーです。ワンクリックで簡単にワードプレスを移転することができます。

箇条書きを使った例

ConoHaWINGサーバーのメリット

  • 国内ー処理速度が早い
  • 初期費用なし
  • 簡単にワードプレスが移転できる

このように、平坦な文章よりも箇条書き+ボックスの方が、重要なポイントが一目で分かるようになっているので見やすいです。

画像やグラフなどのビジュアルを付けて、効果的に注意を引く

文章が長くなると、文字だけでは読み手が飽きてしまいます。

そこで文字よりも、写真やイラスト、グラフなどの視覚的に訴えることのできるイメージを使うと、効果的に注意を引くことができます。

geralt / Pixabay

また、複雑で難解なものの説明をする場合も、表・グラフや画像を付け加えることによって、読み手の理解度を高めることができます。

janjf93 / Pixabay

スポンサーリンク

初心者でも、文章がたとえ下手でもブログはできます。

文章を書くのが下手でも、このように少しの工夫で、大分印象が変ります。私自身も、文章を書くのはめちゃくちゃ苦手です。語彙力もないですし、変な日本語がところどころ記事内に入っていると思われます。

しかし、書くことが苦手でも、それをカバーするための工夫をすることはいくらでもできます。最初から文章を上手くできる人はほとんどいないです。最初は下手でも、数をこなして行けば、書くことにも段々と慣れます。

せっかくブログに興味を持ったのであれば、苦手だからと諦める前に、とりあえず実践してみることが大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました