未分類

目が疲れやすい人へ!5分でできるパソコンのブルーライトをカットする方法

Lalmch / Pixabay

 

現代に生きる私たちは、パソコンやスマホなどを、

仕事でもプライベートでも常に使うようになりました。

しかし、テレビ、パソコン、スマートフォンの画面から発せられるブルーライトは、

目を疲れやすくさせ、視力も落ちやすくなります。

そのため、ブルーライトをカットするメガネや液晶保護フィルムなどの商品が人気です。

そのような商品を購入するのも良いですが、お金をかけずにブルーライト対策することも可能です。

 

           

無料でスクリーンのブルーライトをカットする

 

すぐにブルーライト対策をしたい方に超おすすめの、

ブルーライトをカットするソフトウェア「f.lux」をご紹介します。

パソコンを毎日使う人なら、絶対にダウンロードして欲しいソフトです。

完全無料で、WindowsとMacどちらにも対応しています。

 

私はMacを使っているので、Mac使用している方向けに説明します。

ダウンロードしたら、f.luxを開きます。

f.luxがオンになっている状態なら下のようなマークが画面の上に現れるはずです。

 

 

クリックしたら、Preferenceを選択します。

そうすると次のような設定ウィンドウが出てきます。

 

一番上から、ブルーライトをカットする量を自分で調節できます。

次に、自分が普段起きる時間と、自分の住んでいる場所(市や区などでOK)を設定します。

なぜ場所までも設定するかと言うと、場所によって日の出・日の入りの時間が違うためです。

これを設定することによって、あなたの睡眠サイクルに合わせた画面の明るさになるのです。

夜に近づくと、自動的にスクリーンが段々と、薄い黄色から濃いオレンジ色に変わっていきます。就寝する時間あたりは、画面が結構濃いオレンジ色になります。

 

私自身も普段から使用していますが、今までにソフトによってパソコンに不具合が出たことは無いので、安心して使うことができます。

最初は、画面の色が気になるかもしれませんが、慣れると全く気になりません。

これに慣れた後に、f.luxなしで通常の画面を見ると「まぶしっ!!」ってなります。笑

目の疲れが軽減されたとすぐに実感できるので、とにかくおすすめです。

 

           

まとめ

こんなに優秀なソフトなのに、無料だなんて、嬉しいですよね。

目からくる肩こりも軽減されたと報告もあります。

画面の色を少し変えるだけで、目の疲れやすさが改善されるので、ぜひ試して欲しいです。

 

 

 

-未分類

© 2020 Pixel Cafe Powered by AFFINGER5