イラストレーター

AdobeCreativeCloudを通常より3万円も安く購入できる!社会人でも使えるPhotoshopやIllustratorを格安で購入する裏技

現在Adobeのソフトを利用する場合はサブスクリプション制(定額制)となっているので、毎年更新が必要となります。Adobeの中でもPhotoshopとIllustratorをよく一緒に利用しているという方も多いのではないでしょうか?

通常この二つのソフトを利用したい場合、PhotoshopとLightroomが使えるフォトプランとイラストレーターの単体プラン合わせても税込で4万円はしますし、Adobeのソフトが全て使えるコンプリートプランは税込で約6万円以上はします・・・(2019年2月12日に値上げされます。)

これは一年の値段で、期限が切れれば更新しなければなりません。この値段を毎年払うのは気が引けてしまいますし、ここからさらに値上げはかなり痛い出費です。

そこでどうにかして安くする方法はないのか?と考えて調べてみたところ、なんとこのAdobeクリエイティブクラウドのコンプリートプランを格安で購入できる裏技があるのです!今回紹介する方法は、アドビからも認められおり、完全に合法でクリーンな方法なのでご安心を。

追記(2019年8月1日):現在の通常価格は、税別で65760円です。税込だと7万以上します。案の定、こちらで紹介している学割の方(現在税込み39,300円)も値上がりましたが、それでも普通に購入するよりも安いです。

追記(2019年10月7日)

AdobeCreativeCloudがこの通信講座学割の価格からさらにセルフバックで実質5%オフになる方法をこちらの記事で紹介しています。よかったら参考にしてみて下さい。

AdobeCreativeCloudを通信講座割引&キャッシュバックでさらに安く購入する方法前回の記事では、社会人でも通信講座を利用することによって通常よりも安く購入する方法を紹介しました。今回はその値段からさらに5%割引となる...

 

Adobeクリエイティブクラウドを安く買うには学生になれば良い!

安く購入する方法として学生であれば学割が使えますが、社会人となると学割は使えません・・・じゃあ学生になってしまえば良いのです!

え、学校に入学するの?そんなことしたら逆に高くつくじゃん・・・

と普通に考えたらそうですが、今回紹介するのはオンラインスクールを利用するという方法です。通信講座なので、AdobeCCと一緒に講座を受けることができます。それでも通常で購入するよりも断然に安く済みます。

AdobeCCを激安で購入できるオンラインスクール

オンラインスクールって高いんじゃないの?

公式より安いなんて怪しい!レッスン受けなきゃいけないの?

そんな疑問がわくと思いますが、簡単にざっくり説明します。

  • Adobeの公式サイトの通常価格で購入するより断然にお得。
  • レッスンは受けなくてもOK
  • Adobe認定校なので、安心して利用できる。
  • 更新する時は、また新しくオンラインスクールに申し込めばOK
  • 学生版でも商用可

まず、一つ目に価格についてですが、通常価格で購入してしまうのは勿体無い!

AdobeCreativeCloudのコンプリートプランを半額で購入することができます。

通常6万円以上するコンプリートプランですが、オンラインスクールであれば通信講座込でも約3万円で購入することができます。

オンラインスクールということで、動画レッスンを受けることができますが、これらはやらないという選択をしても大丈夫です。もちろん、初心者であったり、もう一度基礎を学習し直したい方はレッスンを受けるのも良いでしょう。

そして通常6万円以上もするCCが半額以下の3万円で購入できるとなると、怪しく感じられますが、今回紹介するオンラインスクールは、アドビが認定しているアドビプラチナスクールパートナーなので、安心して利用することができます。

最後に、学生版ですが、商用可で基本的には通常版とほぼ一緒と言えるでしょう。

Adobe公式サイトにはこのように書かれています。

Q. 商用利用できますか?

A. 基本的に商用利用が可能です。マテリアルや一部機能で使用が制限されている場合があります。詳細は製品に同梱されているエンドユーザー使用許諾書をご確認ください。

出典:学生・教職員個人版 よくあるお問い合わせ

期限が切れた場合は、その都度新しくオンラインスクールに申し込んで更新することができます。今回紹介する二つのオンラインスクールは私自身利用をしてみて、どちらも同じくらい満足できたので、心からオススメできます。では早速見ていきましょう!

ヒューマンアカデミーたのまな

  • 1年プラン価格 税込29,800円(2019年8月時点:税込み39,300円)
  • このプランに含まれているもの:アドビクリエイティブクラウド学生版ライセンス1年+アドビオンライントレーニング通信講座一ヶ月受け放題
  • 支払い方法:クレジットカード、NP後払い決済(コンビニ・銀行・郵便局・LINE Pay)、代金引換、銀行振込、AmazonPay

支払い方法にAmazonPayが加わり、Amazonのアカウントにすでに登録されている配送先とクレジットカードで情報入力の手間が省け、早く決済することが可能となりました。

オンライントレーニング動画が一ヶ月見放題ということで、インターネットさえあれば、すぐに学習を開始できます。初心者はもちろん、基礎をおさらいしたい方にも、オススメです。

1年プランの場合はカードタイプで発送され、3年プランの場合はメールで送られてくるそうです。ほとんどの方は1年プランを購入されると思いますが、カード発送に少し時間がかかるので、時間に余裕を持って申し込むことをオススメします。

(追記:2019年10月 カードタイプでの発送はなくなったそうで、メールで引き換えコードが送られてきます。なので全てオンライン上で完結します。ただし引き換えコードが送られるまで、購入してから数日から一週間かかる場合があります。)

今すぐたのまなで詳しい情報を見てみる

デジタルハリウッド

  • 1年プラン価格:税込29,800円2019年8月時点:税込み39,300円)
  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込
  • このプランに含まれているもの:アドビクリエイティブクラウド学生版ライセンス1年+動画授業閲覧期間1ヶ月+課題添削期間2ヶ月

こちらの講座もヒューマンアカデミーと同じ価格です。

ただメリットとしては、AdobeCCのシリアルコードはメールで届くので今すぐ使いたいというのであれば、デジハリがオススメです。海外在住の方で、日本のカードをお持ちであれば、デジハリで購入するのをオススメします。(私は海外在住なのですが、楽天銀行のVisaデビットを利用しました。海外のクレジットカードが使えるかは試したことないのでなんとも言えないですが、試してみる価値はありそうです。)

支払い方法は、たのまなの方が多く揃っているので、支払いの仕方によって決めるのも良いかもしれませんね。それぞれメリットがありますが、どちらを選んでも間違いなくお得と言えるでしょう。

今すぐデジタルハリウッドのサイトで詳細を見てみる

まとめ

オンラインスクールで申し込むとかなりお得にAdobeCCが購入できることが分かりますね。毎年3万円以上節約できるので、これはぜひ利用したいですね。

イラストレーター確かに高いですが、イラストレーターで作成したベクターを販売すれば、元取ることもできますよ!

そんなわけで初心者でもすぐに稼げるようにまとめた下の記事もぜひご覧ください。

 

毎週6つの有料デザイン素材が無料でダウンロードできる!

CreativeMarketでは、毎週6つのデザイン素材が無料で配布されます。

フォントやパターン、イラスト集やブラシなど、通常10〜20ドル以上するデザイン素材が毎週完全無料でダウンロードできるので、かなりお得です。

さらに無料でダウンロードした素材でも、Standard Licenseが含まれるので、商用利用可です。(詳しい規約は要確認)デザインは毎週異なり、太平洋時間で月曜から日曜までの1週間のみ無料配布なので、気に入ったものが掲載されていた場合は忘れないうちに即ダウンロードしておくことをオススメします!登録はもちろん完全無料です。

今すぐ無料素材をダウンロードする