ディズニー 旅行

ディズニーランド・シー持ち物 | 夏編

ディズニーリゾートへは片道1時間弱の範囲に住んでいるのですが、ずっとカナダにいたので、今回帰国して3年ぶりにシーへ行きました。

ディズニーリゾート大好きで、日本を離れるまでは毎年4、5回くらいは行っているライトユーザーでした。

夏はかなり暑くなるので、体調を崩さないように、熱中症対策が特に大切となります。

今回持っていったものにプラスして持っていけば良かったものリストはこちらです。

  • スマホ
  • チケット
  • お財布
  • 水やお茶、スポーツドリンクなど水分補給できるもの(塩分が入ったものがオススメ)
  • モバイルバッテリー
  • ハンディ扇風機
  • 上着
  • 日焼け止め
  • タオル
  • ウェットティッシュ
  • 汗拭きシート・制汗剤
  • レインコート
  • ビニール袋
  • レジャーシート
  • スマートウォッチ
           

夏ディズニーで遊ぶときに持ってくるべき持ち物

スマートフォン

ディズニーリゾートのアプリをダウンロードしておきます。ショーの抽選はもちろん、7月からスマホでアトラクションのファストパス取れるようになりました。なので、アトラクションのある場所まで行かなくても、パーク内どこからでも取得できるので本当に便利です。

これがあると効率よく回ることができるので、パークでの一日がかなり充実したものとなります。

チケット

入園するために必要なチケットなので忘れないように!現在ではインターネットで購入が可能で、QRコードをプリントした紙、またはスマホに表示されたQRコードさえあれば入れます。

このQRコードはファストパスの取得だけではなく、今ではアトラクションにファストパスで入るときにも必要となるので、無くさないように気をつけて下さい。

お財布

  • 最低限必要な現金(現在ほとんどのお店やワゴンで、スイカ、クイックペイ、IDが使えるので、出来るだけキャッシュレスで済ませることをオススメします!
  • クレジット・デビットカード(こちらもほとんどの場所で使えます。)
  • 車で来る方は免許証
  • 電車で来る方はSuica
  • 念のための保険証

お財布って重くなりがちなので、小さめの財布で最低限のものを入れておくことをオススメします!キャッシュレスでの支払いが断然オススメです。先日インパした際も、現金は一切使わないで一日過ごすことができました。

飲み物

夏のパーク内は本当に暑くなるので、飲み物は絶対に必要です!常に水分補給するので500mlのペットボトルはすぐ無くなります。最低でも1リットルは持っていきましょう!私は1.5リットル分は持って行きます。熱中症対策として、塩分が含まれた飲み物がオススメです。

冷蔵で冷やしたものを持っていても、すぐぬるくなってしまうので、前日に冷凍庫で凍らせて持っていくのがオススメです!

モバイルバッテリー

一日中遊んでいると、スマホのバッテリーがすぐ消費されてしまうので、必ず持っていきます。10000mAhくらいの大容量バッテリーがオススメです。忘れてもパーク内で売っているので、必要な場合はそこで購入することもできます。

ハンディ扇風機

ハンディ扇風機があると、暑い夏の日でも断然に快適度が上がるのでオススメです!パーク内でも買うことができます。

上着

日焼け対策はもちろん、室内の冷房で寒くなった時にも使えるので、一枚羽織れるものを持っておくと便利です。

日焼け止め

屋外にいることがほとんどなので、日焼け止めは夏の必需品です。

タオル

汗をかくことになるので、横に長いフェイスタオルを肩にかけて使うと便利です。

ウェットティッシュ

レストランで食べる前などにお手拭きとして使えます。小さめの一つあると便利です。

汗拭きシート・制汗剤

夏の暑い中パークを歩いていると自然と汗をかくので、すぐ全身がベタベタになります。

そんなときにさっと拭ける汗拭きシートなんかがあると、快適に過ごせます。スプレーの場合は、他の人の迷惑にならないように周囲に人がいないところでスプレーしましょう。

レインコート(オプション)

アクアトピアのずぶ濡れバージョンに乗るときや、パイレーツサマーバトルゲットウェットなど水に濡れるイベントに参加する場合は、レインコートとカバンを水から守る袋を持っていくことを強くオススメします。

今年はパイレーツサマーの抽選に当たったので参加したのですが、濡れるといっても、ちょっとだけだろ〜と油断していたら、全身ずぶ濡れになりました。

前の列ではなく後ろの方にいたのですが、後ろからもめちゃくちゃホースで水をかけられたので、洋服のままシャワーを浴びた感じになってしまいました。手に持っていたタオルが絞れるくらいの水の量をかけられます。

暑い日であれば、数時間で大体乾きますが、ここまで濡れるのが嫌な場合は、必ずレインコートを持参することをオススメします。あと靴もしっかり濡れるので、サンダルを履いてくるか、ショーの前にビーサンに履き替えるなどすると良いです。

レジャーシート(オプション)

本来は地面に敷いて使うものですが、今回はアクアトピアやパイレーツサマーの水よけに使いました。笑

もちろんショーやパレードを見るときも使えるのでオススメです。レジャーシートは、セリアに可愛いディズニー柄が売っています。

スマートウォッチ(オプション)

この前紹介したスマートウォッチのMiBand4です!すぐに時間を確認できるし、携帯をカバンに入れてても通知がすぐにわかるのでとても便利です。

AppleWatchであれば、携帯も財布も出さなくてもかざすだけで支払いができるので、さらに便利かと思います。

バッグは軽くてそこそこ容量があって、持ちやすいものがオススメ!

今回持って行ったカバンは、無印の肩の負担を軽くするリュックです。夏はペットボトル3本持ちなので重くなるのですが、このリュックは本当に肩が疲れにくくなるので長時間歩くことになるディズニーへ持っていくバッグとしてはとてもオススメです。

リュックは確かに背中が暑くなるのですが、どうしても背中の暑さが気になる時は、肩どちらかの片側だけにかけて使っています。

撥水なので、ある程度は水を弾くのですが、流石にゲットウェットの時は、中も濡れてしまったので注意してください。笑

夏のパークを楽しむためにも、とにかく熱中症だけには気をつけて、常に水分補給を心がけましょう!

-ディズニー, 旅行

© 2020 Pixel Cafe Powered by AFFINGER5