Siriショートカット

iOS Siriショートカットアプリ使い方とよく使うショートカットレシピ

iPhoneユーザーのみなさん、ショートカットは使っていますか?

ショートカットとは、簡単に説明すると、いつも行っているルーティンを自動化してくれるアプリです。

便利なのに、あまり一般的に知られていないのが悲しい・・・ので、もっと広めたい!

例えば、夜に寝る前に、アラームの設定、スマホの明るさを暗くする、電気を消す、落ち着く音楽を流す・・など毎日の行動を全部自動化できたら最高ですよね!?

ショートカットでは、一度設定すれば、ワンタップで全てのアクションを自動的に行ってくれます。また、Siriに話しかけて、実行する事も可能です。

           

作成したショートカットを実行する方法

ショートカットアプリがiPhoneに入っていない場合は、AppStoreでショートカットと検索すれば、ダウンロードすることができます。

ウィジェットから実行する方法

一番使いやすいのがウィジェットを使う方法です。

ホーム画面またはロック画面から右にスワイプすると出てきます。

ショートカットアプリのウィジェットに追加するには、ウィジェットの一番下までスクロールして、「編集」をタップします。そこからショートカットを追加すれば表示されるようになります。

Siriを使って音声で実行する方法

Siriを使って声だけで頼む事もできます。

Siriはショートカットに登録されている名前で認識します。なので、他のアプリとかぶらないように、Siriが認識しやすい名前にするのがオススメです。

ショートカットの名前が、「おやすみ」だったら、「Hey Siri、おやすみ。」と

ただし、バックグラウンドで自動的に行えないアクションのあるショートカットは、一度アンロックする必要があります。

ホーム画面にアイコンを追加する

3つ目の方法は、よく使うショートカットをホーム画面にアイコンとして追加する事です。

アイコンをタップすれば、ショートカットが実行されます。

ちなみにこのアイコンは好きな画像に変更する事ができます!

[jin_icon_arrowbottom color="#e9546b" size="17px"]アイコンの画像変更の仕方はこちら記事で解説しています。[jin_icon_arrowbottom color="#e9546b" size="17px"]

【iPhoneショートカットアプリ】ホーム画面に追加するアイコンを自分の好きな画像に変更する方法

個人的によく使うショートカットレシピ

今回紹介するのは以下の3つです。

寝る前のルーティン

  • STEP1
    明るさ3%に設定
  • STEP2
    音量を5%に設定
  • STEP3
    Rain Rainで雨の音を再生
  • STEP4
    Sleep Meisterを開く
    ここは自動にスタートしないので自分でアラームをスタートさせる必要があります。
  • STEP5
    Sleep Townを開く
    これも自動的にスタートしないので自分で就寝ボタンをタップします。

スマートライト対応であれば、電気を自動的に消したりするアクションも追加できます。

残念ながら、全てのアプリがSiriショートカットに対応しているわけではないので、未対応のアプリは、アプリを開くところまでしかできません。

開発者に機能リクエストできるのであれば、Siriショートカット対応して欲しい事を、伝えてみるのもいいかもしれません。同様のリクエストが多く届けば、Siri対応を検討してくれるかもしれません。

作業に集中する

  • STEP1
    音量を25%にする
  • STEP2
    Tideで集中を開始する
  • STEP3
    2秒待機
  • STEP4
    Forestを開く
    ForestアプリはSiriショートカット未対応なので、自分でタイマーをスタートさせます。

AppleWatchを購入してから、できるだけスマホに触らないようにするために、FocusTimerを使うようになったので、最近はこのショートカットをあまり使っていません。

でも本当はForestでもっと木を植えたいです!

運動のショートカット

運動の習慣を付けようと思っても、運動アプリで起動して、音楽アプリを起動して・・としている間にやる気がどんどんなくなり、結局そのまま携帯いじってしまう事ってありませんか?

習慣化したい行動を、すぐに実行できるような環境に整える事で、習慣化がしやすくなります。そこで、いつもの運動ルーティンをショートカットに設定してみましょう!一度タップしてしまえば、自動的に始まってしまうので、グダグダする事もないです。

これ、運動の習慣化にはめちゃくちゃ効果あります!

アプリを使って運動を記録したい人にとてもオススメです。

  • STEP1
    音量を35%に設定
  • STEP2
    AppleMusicからワークアウトのプレイリストを再生
  • STEP3
    SevenでFullBodyワークアウトを開始
  • STEP4
    Habitifyで運動するを達成にする

運動のショートカットは何個か用意しておくのがポイントです。

本当にやる気がない時のための短いワークアウト(4分のタバタ式トレーニングなど)と頑張りたい時のワークアウトなどと、その日の気分によって対応できるようにしています。

毎日の習慣化が難しい行動は、超簡単に達成できるコースを用意する事によって、習慣化がよりしやすくなります。

 

便利なショートカットアプリですが、もっと細かく設定できるように改善されればなあと思います。また、サードパーティアプリでもより多くのアプリがSiriショートカットに対応してくれたら、さらに便利になると思うので今後に期待です。

[jin_icon_arrowbottom color="#e9546b" size="17px"]条件によってショートカットを実行できるオートメーションについてはこちらの記事で紹介しています。

iPhone iOS13 Siriショートカットオートメーションの使い方とレシピ

-Siriショートカット
-, , ,

© 2020 Pixel Cafe Powered by AFFINGER5